SEO 外部対策とは?外部対策(被リンク対策)について

前へSEO一覧

次へ無料ブログ

外部対策

SEO対策として、内部と外部がありましたが、 前回紹介したサイト内部で行う内部対策と違い、外部対策は外部のサイトで被リンク(他のサイトからのリンク)を集める等サイトの外部で行う対策です。
Googleのアップデートが行われ、コンテンツ重視の内容が評価されるとされてきたので、
被リンク等の外部で行う対策は、あまり良くないとされていますが、現時点では、上位表示されているサイトの複数は、被リンク数の多いサイトがほとんどです。

目次
  1. まず、外部対策って何?
  2. やはり、外部対策(被リンク)を行うことが重要?
  3. 外部対策の被リンク用のサイトについて
  4. 外部対策(被リンク)は危険?気を付けるポイントは?
  5. 外部対策(被リンク)をしないと?
  6. 被リンク用のサイト(サテライトサイト)を自然に見せるには?

まず、外部対策って何?

外部対策とは、WEBサイト内のではなく、外部サイトからのWEBサイトの評価を高めるための施策です。つまり、自分のWEBサイトに被リンクを集めるための施策となります。
他のサイトからのリンクを集めることにより、SEO効果が高まります。
SEOは、ユーザーによって役に立つ情報を提供できているのか、または、検索エンジンにわかりやすいようにソースは構成されているのかという内部対策を基本としています。
しかし、内部対策を行うだけでは、上位表示はされません。
検索されたキーワードに関するコンテンツが、わかりやすく上手に整理されていても、実際にコンテンツが良いのか、また、ユーザーから見た際の価値がどれくらいあるかどうかまでは、わかりません。
ユーザーはそのコンテンツをどう評価しているのか?という指標が必要になってきます。
外部からのリンクがそのWEBサイトの価値を測る基準として被リンクが使われるのです。
そのため、被リンクは、Googleにかなり重要視されています。

やはり、被リンク対策を行うことが重要?

被リンクとは、自分のサイトのページに向け、外部のWEBサイトから貼られるリンクのことを言います。
例えば、このサイトを紹介したいとブログ等の記事に張った場合、それを被リンクといいます。
近年、コンテンツが重要になったとは、言われていますが、現在上位表示されているサイトを見ると、それ以上に被リンクが大切だと思います。
2018年現在、検索トップのサイトを調べた結果【検索上位なサイト最新・SEO対策方法5選】をこちらのページにまとめています。

外部対策の被リンク用のサイトについて

昔は、外部対策(被リンク)で順位を上げることができるということが分かり、相互リンクや、スパム等のサイトから大量のリンクを獲得するという方法がありました。 現在は、Googleのアップデートにより、そういった、作為的な被リンクは評価を下げてしまう危険性があります。
Googleは、被リンクサイト(被リンクのために存在するようなサイト)からの自作自演のようなリンクを嫌っています。
そのため、被リンクは、いかに自然に見せるかが重要になってきます。

外部対策(被リンク)は危険?気を付けるポイントは?

SEO対策のサイトや書籍で、「外部対策(被リンク)はやめたほうがいい」「被リンクを自作で行うことは危険な方法だ」と記載が多くあります。
ただ、現状では、非常に効果が高い外部対策(被リンク)であることは事実です。
上手く行えば、長期的に上位表示が可能な方法です。ただ、下手な被リンクで外部対策を行ってしまうと、ペナルティを受けるというリスクはあります。
そのため、外部対策(被リンク)は、いかに自然に見せるかが重要になってきます。

1、自分のサイトと何の関係性もないブログやサイトに、外部対策(被リンク)をするのでは×です。

例えば、ホームページ制作のサイトを作っている場合、そのホームページ制作に関連性のない、飲食のグルメブログのサイト等に張られているといったことはNGになります。

2、他に、外部対策(被リンク)するサイト自体が優れたコンテンツを提供していなければなりません。

例えば、1ページだけのペラサイトに被リンクを貼っても、Googleに認識されません。

3、被リンクする際のキーワードが重要です。

被リンクする際にターゲットキーワードを含むとよりよいといわれています。そのページに関連するワードでなくてはなりません。

こういった、NGな点をまもり、外部対策(被リンク)を行うことが大切です。

外部対策(被リンク)をしないと?

外部対策(被リンク)をせずにSEO対策を行った場合、上位表示されるまで時間がかかります。
外部対策(被リンク)をしっかりしていれば、3ヵ月後に上位表示されるという可能性もあります。
どういったプランで進めていくかによって、外部対策を行うべきかを決定する必要があります。

被リンク用のサイト(サテライトサイト)を自然に見せるには?

被リンク用のサイト(サテライトサイト)を作成し、本サイトにリンクを貼る際に、様々な種類のサイトからリンクを貼ることが大切です。
例えば、無料ブログや、ランキングサイト、SNSサイトやまとめ系のサイト、Googleビジネスなどサイトの種類や形式は様々であれば、その方がよいといわれています。
その方が、SEO効果も高く、自然に見せることができます。

Googleから嫌われないために、自作自演のリンクや、被リンクの購入を疑われるようなサイトにはリンクを貼らずに、偏りなく、多種多様なサイトからリンクを受ける必要があります。

ブラックハットSEOの悪徳会社がある

外部対策は、労力と時間がかかります。
外部の業者に頼んだ方が費用対効果が高いことも多いと思います。
ただ、その際は、高額な費用を払ったが上位表示されなかった、外部対策でGoogleからペナルティを受け、上位表示されなくなったという話もよくあります。
正しい外部対策をやっているのかをしっかり、調べて決めた方が良いです。

前へSEO一覧

次へ無料ブログ

外部対策の関連記事

簡単にできるSEO・無料ブログでの外部対策について

被リンク対策の重要性や危険性についてまとめましたが、今回は無料で開設できるブログでの外部対策方法について記載しようと思います・・・


SEOの外部対策を行う!アンカーテキストと被リンクのやり方について

今回被リンクする際に重要なアンカーテキストやリンクを貼るスピートなどリンクの貼り方について記載していこうと思います ・・・


SEO・外部対策チェックツールのMOZについて

SEOの外部対策として行った被リンクを簡単にチェックできるツール「MOZ」を紹介します。 海外のツールなのですが、ドメインのランク等が・・・


このサイトの管理者

制作会社・通販会社、インハウスでのWEBデザイナーを経てフリーランスへ。
得意なこと、WEBサイトデザイン、SEO対策、コーディング、ライティング。
福岡在住。2018年よりサイト運営を開始。写真・旅行・山登り・ねこ・食べる事が好き。

タグ