SEOの内部対策での理想的なページ内容

前へ内部対策②

次へ内部対策④

SEO対策として、内部対策と外部対策がありますが、今回は、各ページの内部対策の内容についてまとめていきます。

目次
  1. ページの理想な文字数について
  2. SEO対策したいキーワードの比率について
  3. なるべく関連ワードを入れるべき
  4. SEO対策したいキーワードは、サイト全体に

ページの理想な文字数について

大体、理想的なサイトの文字数は、1,500文字~2,000文字程度といわれています。
文字数が少なく、700文字程度となれば、Googleに、評価されません。
逆に3,000文字等多すぎても、1Pに収めるべきではないとGoogleに思われ、評価が下がる可能性もあります。

SEO対策したいキーワードの比率について

SEO対策したいキーワードは、約2~8%ほど入っていればいいと言われています。
これは、高い水準である8%をなるべく目指した方が良いと言われています。

キーワード出現率チェックはこちら あと何語で5%になる等解説までしてくれます。

その他に、こちらでもキーワードの出現率をチェックできます。
キーワード出現率チェックはこちら

なるべく関連ワードを入れるべき

SEO対策したいワードの関連したワードを、多くいれることで、Googleの評価が高くなります。
例えば「SEO対策」の場合、関連ワードは、
「SEO対策とは」「SEO対策 方法」「SEO対策 基本」「SEO対策 費用」「SEO対策 会社」「SEO対策 ブログ」等のワードが、入ってくる。
その場合、「方法」、「基本」や「費用」「会社」等のワードをなるべく、入れ込んだ記事にする必要があります。

関連語・候補キーワードの予測ツールはこちら

SEO対策したいキーワードは、サイト全体に

SEO対策したいワードは、ページ内のコンテンツ箇所のみではなく、ヘッダーやフッター、サイト等、コンテンツ全体に入っていた方がそういった、趣旨のサイトだとGoogleにアピールできるので、SEOに効果があるといわれています。

前へ内部対策②

次へ内部対策④

関連記事

SEO対策の内部対策について「サイトタイトル、ディスクリプション」

今回は、内部対策の、メタタグ等やコンテンツの内容に対策のキーワードを入れる等サイト内で行う対策について記載します。・・・


SEO 外部対策について

被リンクの増やし方、アンカーテキスト、下層ページ等SEOの外部施策について、フリーランスのWEBディレクター兼WEBデザイナーが解説・・・