検索上位なサイトの最新SEO対策方法5選

日々、アルゴリズムアップデートを実施され、検索順位の変動がたびたびありますが、2019年度現在、最新の検索上位のサイトはどういった、SEO対策を実施し、1位へランクインすることができたのか、調査をしていきたいと思います。

「SEO 東京」で検索1位のサイト ・2019年1月7日現在

どんなSEOの内部対策をしているのか?

メタタグの設定は・・・
titleタグにSEO 東京というワードは1回記載のみ。ディスクリプションタグには、SEO 2回、東京1回のみ。
テキスト量は、2000文字程度。

内部対策・キーワード出現頻度チェック

ワード 回数 比率
SEO 33 6.18%
対策 22 4.12%
検索 15 2.81%
WEB 10 1.87%

SEOで検索上位になるポイントを紹介

  • ドメイン取得年月日は、「2016年」と新しいサイト。
  • 外部対策である被リンク数は29件、そのうちドメイン数は 9件 そこまで、多くない数値ですね。
  • インデックス数は「5」 このページ数は、他と比べ、すごく、少ないですね。
  • 支店ごとに、ページを分けているのではなく、別のドメインでホームページを作成している。

まとめ

テキスト量もあまり多くなく、総ページ数も5ページ程度
内部対策、外部対策どれを見ても、あまり、他サイトより突出している部分がないのですが、他と違う点としては、支店ごとに別ドメインのホームページ制作をしているという箇所が大きく違う点でした。

「SEO 東京」で検索2位のサイト ・2019年1月7日現在

どんなSEOの内部対策をしているのか?

メタタグの設定は・・・
titleタグにSEOというワード1回 東京というワードは1回記載。ディスクリプションタグには、SEO 1回、東京1回ほど使用。
テキスト量は、約10,000文字程度。

内部対策・キーワード出現頻度チェック

ワード 回数 比率
SEO 84 4.25%
対策 76 3.84%
会社 45 2.28%
43 2.17%

全体を通して、ポイントを紹介

  • ドメイン取得年月日は、「2013年」と新しいサイト。
  • 外部対策である被リンク数は約14,100件
  • インデックス数は「25,700」 このページ数は、他と比べ、かなり多いですね。

まとめ

ページのテキスト量が10,000と他と比較しても、かなりの量のテキストを入れています。
また、インデックス数の量も多く、上位表示されているのも納得できます。

「SEO 東京」で検索3位のサイト ・2019年1月7日現在

どんなSEOの内部対策をしているのか?

メタタグの設定は・・・
titleタグにSEOというワード3回 東京というワードは2回記載。ディスクリプションタグには、SEO 8回、東京4回ほど使用。
テキスト量は、3700文字程度。

内部対策・キーワード出現頻度チェック

ワード 回数 比率
SEO 49 7%
対策 37 5.3%
Web 21 3%
検索 15 2.1%
東京 15 2.1%

全体を通して、ポイントを紹介

  • ドメイン取得年月日は、「2014年」と新しいサイト。
  • 外部対策である被リンク数は約107件そのうち、ドメイン数は、13
  • インデックス数は「38」 このページ数は、他と比べ、かなり多いですね。
  • 同じ会社のサイトを、別のドメインで、つくりを変え、いくつかホームページを作成している。

まとめ

テキスト量は、先程のサイトより多いですが、そこまでページ数があるわけでもなかったのですが、 他サイトと違い、別のドメインで、同じ会社のサイトをいくつも作成しているという点が異なっていました。
構造が全く違うサイトですが、テキストの内容はかわりません。

「SEO 福岡」で検索1位のサイト ・2019年1月21日現在

どんなSEOの内部対策をしているのか?

メタタグの設定は・・・
titleタグにSEOというワード2回 福岡というワードは1回記載。ディスクリプションタグには、SEO 1回、東京1回ほど使用。
テキスト量は、1500文字程度。

内部対策・キーワード出現頻度チェック

ワード 回数 比率
SEO 13 2.82%
対策 11 2.39%
福岡 9 1.95%
7 8 1.74%
サイト 7 1.52%

全体を通して、ポイントを紹介

  • ドメイン取得年月日は、「2011年」と新しいサイト。
  • 外部対策である被リンク数は約78件そのうち、ドメイン数は、21
  • インデックス数は「106」 このページ数は、他と比べ、かなり多いですね。

まとめ

ページのテキスト量は、あまりありませんが、ドメイン取得年月が2011年なので、8年前のものであり、被リンク数が21と多く、 ドメインについても、結構昔からあるサイトが多いのでそういった点が評価されている点が多いです。

「SEO 福岡」で検索3位のサイト ・2019年1月7日現在

どんなSEOの内部対策をしているのか?

メタタグの設定は・・・
titleタグにSEOというワード3回 東京というワードは2回記載。ディスクリプションタグには、SEO 8回、東京4回ほど使用。
テキスト量は、2700文字程度。

内部対策・キーワード出現頻度チェック

ワード 回数 比率
対策 37 5.26%
SEO 24 3.41%
検索 22 3.13%
エンジン 13 1.85%
順位 13 1.85%

全体を通して、ポイントを紹介

  • ドメイン取得年月日は、「2013日年」
  • 外部対策である被リンク数は約18件そのうち、ドメイン数は、12
  • インデックス数は「288」 このページ数は、他と比べ、結構多いですね。

最新のSEO対策についてまとめ

最新のSEO対策事情についてですが、コンテンツマーケティングが重要視されているとは言われていますが、実際に上位表示されているサイトを見ると、まだまだ、外部対策の被リンクが重要のようです。
特に、被リンクがどういったサイトに張られているのか、被リンクの質が重要なようですね。
ただ、少ないワードに絞る場合は、サイトのページ数や、テキスト量がそこまで、重要ではない可能性が高いのですが、 上位表示されたいキーワードの量が多ければ多いほど、10,000ほどのテキスト量やページ量も膨大なサイトにする必要があると思います。

ブラックハットSEOの悪徳業者がいる

なかなか、被リンクを増やすのも、別サーバーにサイトを立ち上げるのも労力と時間がかかります。
外部の業者に頼んだ方が費用対効果が高いことも多いと思います。
ただ、その際は、高額な費用を払ったが上位表示されなかった、Googleからペナルティを受け、上位表示されなくなったという話もよくあります。
しっかり、調べて決めた方が良いです。

ちなみに、SEO会社の相場は・・・

SEO会社の相場は、
固定報酬型・・・20〜40万円程度
成果報酬型・・・1キーワードにつき1.5〜30万円程度
と言われています。 福岡だと、
初期費用30,000円〜/月額定額:初期費用10,000円+月額10,000円~や、 初期費用6万4,800円+月額等東京の会社と比較すると格安で行っている会社が多いようです。

関連記事

2018年版コーポレートサイトのキービジュアル(メインビジュアル)のデザインバリエーション

メインビジュアル(キービジュアル)は、サイト(ページ)のファーストビューとなり、重要な要素です。最近は、動画を取り入れたものや、アニメーションをいれたものなど、動きがあるものが増えましたね。・・・


WEB・ホームページ作成(アプリケーション)ができるまで・制作の流れ

ホームページ作成(WEB)が作成するまでの内容面や制作面で流れについて説明します。・・・