2018年度SEO面でおすすめのレンタルサーバーとドメイン取得会社(中古も)安定性・金額から比較

ホームページを制作する際に、まず必要になるのが、レンタルサーバーとドメインの取得です。
SEO対策をするうえで、どういった、レンタルサーバーとドメインが必要になるのか、知っておくことが大切なポイントです。

目次
  1. SEO対策するうえで、サーバーのおすすめはどこ?
  2. SEO対策するうえで、ドメインは関係あるのか?
  3. 中古ドメインを購入できる会社は?
  4. 最後に

SEO対策するうえで、サーバーのおすすめはどこ?

まず、サーバーを選ぶ際に、SEOの観点から見て重要な点は安定性です。
サーバーの安定性は、
・サーバーが停止しない(サーバーがダウンし、サイトが見れなくなることはあります。)
・サーバーに負担がかかりにくい
・サーバーに障害が起きにくい
等を見ていく必要があります。
サイトが表示されなくなったり、表示されるまでの表示時間が長い場合、SEOに影響があります。
もし、不安点なサーバーであれば、時間がかかってしまうこともあります。
すごい、安いサーバーの場合、不安点になることもあるので、注意が必要です。
サーバーが安定しており、安いサーバーについて比較しました。

エックスサーバー

seo

エックスサーバーは、大量アクセスに強いサーバーで、高速な環境を実現するハイスペックサーバーを採用しています。
また、金額も安いのと、ドメインも同時に購入できるので、簡単に、始められるので、オススメです。
法人向けプランもあります。

一番安いX10プラン(WordPressやphp利用可能)であれば、
初期費用 3,000円
月額費用 900円(36ヵ月プラン契約の場合)で契約することができます。
また、2018年10月末まで、ドメイン無料キャンペーンをしています。

公式サイトはこちら

さくらのレンタルサーバー

seo

以前より、安定性が高いと言われていたのですが、さらに改善され、
・WordPressが最大16倍に高速化された ・HTTP/2対応により、WebサイトをSSL化することで表示速度の向上や
・コントロールパネルもわかりやすい内容に一新されたそうです。
この機会に試してみるのもよいですね。
個人的には、Wordpressの使い勝手が一番いいので、一番好きです。 というのもWordpressでインストールしたプラグイン等が他のサイト作成の際も引き継がれているので、量産する際に楽です。
また、Wordpressだと、WEBフォントのプラグインがついているというところも良いですね。

サーバーの初期費用も月額金額も、先程のエックスサーバーより安いです。
スタンダードプラン(WordPressやphp利用可能)
初期費用 1,029円
月額 515円

ただ、ドメイン取得の場合、人気の.comが 1,852円とドメイン取得会社と比べ、高い設定です。
公式サイトはこちら

SEO対策するうえで、ドメインは関係あるのか?

ドメインには、.comや.jp、.co.jp、.net等いろんな種類がありますが、どのドメインを取得するかはSEOには関係ないと言われています。
ただ、どれぐらい古いドメインか、また被リンクが多いドメインかということは、SEOでは重要なポイントだといわれています。
実際、.comや.jp、.co.jp、.netではなく、上位表示されているものに.xyzなど、最近になってできたものもあるので、そういった形式は、関係はないと思います。
今回は、金額面に絞って、ドメイン取得会社を紹介します。
また、ドメイン会社により、更新料が違いますので、注意が必要です。
最初の1年は、格安で取得することができても、更新料が高ければ、後ほど困ることになります。
あまり、最初のページでは掲載していない会社が多いので、確認しておく必要があります。
今回は、所得と更新の金額面で両方が安い会社を紹介しています。

ムームードメイン

seo

初年度も、更新料も安い金額です。
.comであれば、取得が1,060 円
更新が、1,480 円
移管が、1,480 円
ちなみに、最安は、69円~ととても安くドメインを作成できます。
更新料のことを考えても、こちらの金額で作れるのならば、一番お得だと思います。
SEOで外部対策で被リンクをつくるために、買っておくのもいいですね。 公式サイトはこちら

FC2ドメイン

初年度も、更新料も安い金額です。
.comであれば、料金(取得・更新・移管) 1,080円 / 年
ただ、最安でも980 円はかかってしまうので、格安のドメインを探している場合は、あまりおすすめではありません。 詳しくはこちら

中古ドメインを購入できる会社は?

中古ドメインを取得することでSEO効果を高めることができるといわれています。
ただ、自分のサイトと関連性のないドメインを取得しても意味がないので、関連性のあるドメインを購入することで、SEO効果を高めることができます。

中古ドメイン販売屋さん

8年ほど、運用している会社です。多くの中古ドメインを販売しています。
詳しくはこちら

ドメイン工房

インデックス交換保障や危険性のあるドメインの排除等をしっかり明記されている中古ドメイン販売サイトです。
詳しくはこちら

最後に

新規にサーバーやドメインを両方契約すると考えると、さくらのレンタルサーバーと
FC2ドメインを組み合わせるやり方が一番お得ですね。
手軽さを考えるとエックスサーバーで、サーバーとドメインを取得するのが、一番楽で良いと思います。

関連記事

2018年 最新のSEO対策について

SEO対策が必要な理由は、費用対効果が高く、安定的な集客を見込めることができますサイトを上位化できれば・・・


SEO 内部対策について

SEOの対策として、内部対策と外部対策があります。内部対策というのは、メタタグ等やコンテンツの内容に対策のキーワードを入れる等サイト内で行う対策で、・・・


SEO 外部対策について

被リンクの増やし方、アンカーテキスト、下層ページ等SEOの外部施策について、フリーランスのWEBディレクター兼WEBデザイナーが解説・・・

このサイトの管理者

制作会社・通販会社、インハウスでのWEBデザイナーを経てフリーランスへ。
福岡在住。2018年よりサイト運営を開始。写真・旅行・山登り・ねこ・食べる事が好き。

タグ