在宅でフリーランスの仕事が捗る環境&メリハリの付け方

WEBデザイナーが在宅で、仕事をする際に、快適な仕事環境づくりは大切なことです。 どういった環境であれば、一番WEB制作をしやすいか考えてみました。

部屋の整理

物が多く、ごちゃついている環境だと、集中することができないので、必要のないものは表に出さないようにしまいましょう。
特に机の上にスマホが置いてあると、メールや着信の音で集中がきれ、作業が中断してしまうので、集中する際は、別の部屋に置いておいた方がよいでしょう。

机とイスの準備

机はなるべく大き目のものを購入しました。
デスクトップ、ノートパソコンを見比べることや、印刷物を広げやすい方がよいと考えると、幅が120センチ程度は合った方がよいと思います。 奥行きは60センチぐらいあれば、十分でした。 イスは、

パソコンの準備

私は、WindowsのデスクトップPCとWindows ノートパソコンと、Macのノートを所有し、普段使いはデスクトップです。持ち運び用にノートを二つ持っています。 眼精疲労がなるべくしにくいようにするため、モニターはなるべく、目に優しい IPSパネルを使用しています。

環境が整えば、あとは、自分自身でメリハリをつけ、仕事をどんどんこなしていく必要があります。

習慣づける

午前中9時~12時は、この作業をするなど、ルーチンワーク業務を作り、それを習慣化しましょう。

適度に休息をとり、メリハリをつける

休憩の時間を決め、ご飯の時間や休息をとり、メリハリをつけるようにすることが大切です。

なかなか、集中できない場合は、

環境を思いっ切って変えてみるため、カフェなどに行って作業を行うのもよいと思います。
私は、壁にぶつかった時に、気持ちを切り替えるためにカフェに行くようにしています。すると、頭を整理することができ、仕事が捗ることが多いので、オススメです。

関連記事

2018年版コーポレートサイトのキービジュアル(メインビジュアル)のデザインバリエーション

メインビジュアル(キービジュアル)は、サイト(ページ)のファーストビューとなり、重要な要素です。最近は、動画を取り入れたものや、アニメーションをいれたものなど、動きがあるものが増えましたね。・・・


WEB・ホームページ作成(アプリケーション)ができるまで・制作の流れ

ホームページ作成(WEB)が作成するまでの内容面や制作面で流れについて説明します。・・・